短時間勤務制度の利用について

皆さんは、看護を仕事としている「看護師さん」の「子育て」について考えたことはありますか。
「そんなの勤め先が病院なのだから、他の会社に勤めている家庭と同様に保育所のようなものがあるのではないか」と思われている方がほとんどだと思います。
しかし看護師という仕事は特殊なもので、勤務時間が普通の仕事のように朝から夕方までの日もあれば午後から次の日の朝までの日もあるのです。
その為、なかなか子供との時間が取りづらい仕事だと思われている方も多いのではないでしょうか。

近頃の日本は、核家族化が進み近隣住民とのやり取りも非常に少なくなってきているとニュースなどで騒がれていますよね。
「もう引っ越してきて何年も経つのに、隣に住んでいる方の名前すら知らない。」ということがよくあるそうなのです。

実際、看護師さんの子育てとはどのように行っているのでしょうか。
一昔前の看護師さん達と今の看護師さんを比較してみると、「制度」という面では今の方が充実していると言えます。
昔からある制度の一つとして「育児休業」というものがありますが、これは昔から取りづらいと言った印象があるのが特徴です。
しかし、現在ではそういったところを解消するために「短時間勤務制度」というものが出来ました。
これは、出勤時間や退勤時間を1時間程度ずらすことを言いますが、この制度により気持ちが楽になったという方がたくさんいるのではないかと思います。
何故なら、この制度を利用することで長期間会社をお休みするといったことをしないで済むからです。
看護の仕事をしている方々は昔から、今ある制度を最大限に活用しながら仕事と育児の両立をしていたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です