保育所の「看護の先生」

福祉現場においても、看護師の活躍の場はたくさんあります。
以前から福祉に関心があり、ちょっと年齢的には遅くなってしまった私でも、何か福祉の仕事、職場の求人はないかしらと探してみると、なんらかの資格保持者でないといけないケースがほとんどで、その中でも、介護福祉士、社会福祉士、保育士、そして看護師のいずれかが求められることが大変多いです。

「福祉の仕事」「福祉の現場」と言ってもいろいろあります。
老人介護施設や障害者施設がすぐに思いつきますが、それ以外に、保育所・託児所や児童養護施設なども活躍の現場となります。
先に挙げたいずれの資格も持たない私には、看護師の資格が本当に輝くようにうらやましいものに感じられました。

この中で、それと気づかれにくいけれど、看護師が配置されているのが、認可保育所(保育園)です。
私にも子どもが二人いて認可保育所のお世話になりました。
保育所の看護師さん(保育所では看護師さんも「先生」「看護の先生」と呼んでます)には、大変お世話になりました。
まだミルクを飲んでいるような乳児の、毎日のこまめな健康チェック、遊んでいて怪我をした子の手当、保育時間中に急病になったこの応急処置と家族への連絡、
各園児さんの保健・健康上の記録や管理、遠足等、園外保育への付き添いなどなど、まだすべてを挙げきれないほどの沢山の忙しい仕事が待っています。
保護者からの健康や発達の相談を受け、必要なら心理職や行政の保険担当と連携するのも仕事です。

白衣を着て、患者さんに対応するだけが看護の職場ではありません。
これからも保育所ニーズが高まるなか、子どもが集まる場での活躍ができます。
子どもが大好きで、パパやママの応援ができる看護師さんも必要が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です